先日は、渋谷のギャラリー&カフェバー・Gallery muさんにてキャンドルナイトでした!
早いもので、今回で9回目の開催。
オーナーの美華さんをはじめ、muに集うさまざまな方との温かいご縁に感謝です。いつもありがとうございます♡

今回の展示は、書家の甘雨さんの「戯 Tawamure」展。

甘雨さんTawamure展

書の美しさや色気もさることながら、その言葉のセンスに脱帽なのです。
今回はエロス満載ということで、私もエロスをいかにキャンドルで表現するかで頭を悩ませました。
クリエイターの方々へのリスペクトと共存が毎度のテーマです。
自分一人で作るキャンドルとはまた趣向が異なり、新たな側面を自己発見できる楽しさ。
そして、お見せする瞬間までのドキドキ感。

今回は、花でエロスを表現。

キャンドルナイト

花芯は、レッドとバイオレットとマゼンタの三種類。
そして、花芯の数は「7」。
色彩心理や数秘の意味をサブリミナル的に織り込みました。うふふ。

灯す前の姿も楽しんでいただこうと、しばしこのままの姿でお披露目。

展示期間中限定、甘雨モヒートで乾杯!

甘雨モヒート

↓ 甘雨、という日本酒をミックスしたモヒートです。

甘雨さん戯展

ものすごく美味しい!!
蒸し暑いこの季節に最高ですね。

甘雨さんの作品。

甘雨さん戯展

うっとり……。

甘雨さん戯展

甘雨さん戯展

そして、キャンドルを灯します。

agumo'scandlenight

agumo'scandlenight

作品とともに。

agumo'scandlenight

agumo'scandlenight

カウンターで咲く、キャンドルの花。

agumo'scandlenight

墨と朱と金箔をイメージした色合いのWA CANDLE。

agumo'scandlenight

甘雨さんの歌のように、蕩けたい。

甘雨さん戯展

agumo'scandlenight

agumo'scandlenight

素敵な作品を見せてくださった甘雨さん、
Gallery muさん、
そして、いらしてくださったすべての方々に。

いつもありがとうございます!!

Gallery muさんでのキャンドルナイト。次回は6月28日(金)に開催予定です。
現在、「ちょんまげ、展」が開催中!
日本画と浮世絵にインスパイアされた作品たち・・・・・・、いまから楽しみです!!