熱を出して寝込んで、一日で復活して元気になった夜。
元気になったはずなのに、何故か不安で寝付けませんでした。

熱が出たのはおそらく疲労のほかに、先日ようやく数色学講座が開催できた喜びでほっとしたからかもしれません。
とっても素敵な方たちが講座へお越しくださり、たくさんの嬉しいお声をいただきました。
満ち足りて、この上なく幸せで、ウルウルしながら帰途についたのはつい先日。

なのに、なんでこんなに不安になるんだろう?
達成感ののちにある虚無感というよりも、ずっとそこにあったのだけれど、ほっと一息ついたからこそ気づいてしまった不安。

その晩はなんとか寝て、朝起きて気づいたのは「ああ、バイオレットが来たんだ」ということでした。

バイオレットは夢や達成を意味する色で、数色学的に言うと「ある一定の完成」と「区切り」を意味します。それと同時に、「孤独」や「不安」という意味もあります。

数色学の講座リニューアルを「(ある一定の)完成」させたことで、その「不安」がやってきたのでしょう。
「区切り」は「終わり」に感覚が似ているので、寂しさを伴うのです。

バイオレットの次はマゼンタがやってくるのですが、マゼンタは「新しい世界でのスタート」。
バイオレットで完成し終了した出来事を手に、一から継続していく作業に入ります。

何事も、スタートするのは不安で、気力も体力も要りますよね。
だから、熱を出して休息して思い切りエネルギーチャージをしたのかも?

私は2013年、マゼンタの年でした。
ようやくバイオレットを完全に終えて、マゼンタの気づきを得たようです。

来年、2014年はマゼンタの継続を手に、ターコイズ&フレッシュグリーンの「再誕生」「発信」の年に入ります。
そして、来年こそは継続ののちの「完成」が待っているのです。
どうなるんだ!? 頑張るぞー!

あ、マゼンタには「相互」「協力」という意味もあります。
これまで以上に、みなさまの笑顔や助言をアテにすると思うので、逃げないで・・・いや、今後ともよろしくお願いいたします。

DSC_0374 (426x650)