今日で2013年も終わりですね。

小学生のころなど一学期ですらあれだけ長く感じたのに、いまでは数か月が一瞬で過ぎていくように感じます。
せかせか動いている割に成果が出ているのかどうか甚だ怪しいですが、毎日が羊羹のようにみっちりしていることは確かです。

私の2013年は数秘では「8」、色では「マゼンタコーラル」でした。
「8」は、繁栄や発展の数字です。
なので、「7」の昨年は「へへへ…、来年はお金持ちになれるかな!」と煩悩が炸裂していました。

で、今年に入ってどうなったかというと・・・、結論を言うとお金持ちにはなってないです。(これから8を迎えるみなさんごめんなさい! でも、あなたが私と同じとは限らないので希望を捨てないで~)

私は「そもそも、豊かさって何だっけ?」という、ものすごく基本的な問いにあたりました。

お金があればすべてOKというわけでもないけれど、愛があってもお金がなければ現世では生きられないし・・・。
豊かさの定義って、人によって大きく異なるものだし、人それぞれに正解がありますよね。

その「豊かさ」の仕組みを知りたい、と思って活動したのが今年。
私が見つけた(私なりの)「豊かさ」の答えは、「自分が持っている資源を還元していく」ことでした。
資源は、個々が持っている才能や知識や特技や物質や愛情などの「価値」です。
必要とする人が一人でもいたら、それは「価値」なんだろうなと思います。
「価値」を受け取った人が喜んでくれて、それが広がって回りまわって自分に還ってくる。
その循環の流れに入りたい、と思いました。

数色の講座をリニューアルしたのは「みなさんにこの楽しさ(資源)を伝えたい!」という一心でした。

12月、リニューアルした講座がスタートしたのはマンスナンバー(個人月)が「2」の月でした。
「2」はねー、「受容」の数なんです。「比較」の数なんです。「受け止める」数なんです。
「評価を受け取る(1の行動の結果を2で受け取る)」数でもあります。結構緊張しますよね?
経験上、「2」はハードな月が多かったので「どんなお声をいただいても、今後の成長の糧にするぞ!」と、心して臨みました。

……結果は、ハードであることには変わりありませんでした(笑)
講座は有難いことに好評いただいたんですが、仕事以外で「2」の他のキーワードである
・支え合い
・我慢
・ハラをきめる
なんていう状況が一気に来たりして。

予期せぬ出来事が起こったりしてちょっとしんどくなって、ふとした瞬間に泣きそうになったりしたんですが(話は脱線しますが、わけもなく泣きたくなる時の原因の7割ぐらいはおそらく疲労ですね・・・)、泣いたところで頑張らなきゃいけない事実は変わらないわけで。

ふと
「どうせ頑張らなきゃいけないんだったら、楽しく頑張ろう!」
という気分がおりてきました。

「2」そして「オレンジ」のキーワードに「我慢」と「楽しさ」が共存しているのはこういうことだったんですね!
「2」には陰陽という意味がありますが、ふっとその意味を体感できたような気がしました。

そう思ったら、急に、コンサルテーションのお客さまや講座の生徒さんからの嬉しいフィードバックが続きました。

・コンサルテーションの内容を心に留めていたらチャンスが訪れたとか
・慌てそうなときも平常心でいられたとか
・才能があるとわかったら、急に「できる!」という気になれて企画案が思い浮かんだとか
・(私が)面白そうな人だなと思ってずっと会ってみたかったとか
・いまの仕事は私なしではありえなかったとか
・会うたびに新しいアイデアをもらえるとか……

「2」の「評価」の嬉しい誤算でした!
そして、私のイヤーナンバーである「8」は継続の数字。
数色が好きで、続けてきて本当に良かったと思えた年の瀬になりました。

今年一年、いや、これまで本当にありがとうございました!!

また来年も、体内に眠る資源を出し切って、みなさまに少しでも「役に立つ」「面白い」と思っていただけるように頑張ります。
新年は、1月6日から11日まで(18:00~24:00)渋谷Gallery muさんにてキャンドルナイトを行うほか、新たな企画も三つほどスタート予定です。
気軽に数秘や色の楽しさに触れていただけるよう、発信を広げていきたいと思っています。

2014年も、不肖・小池安雲をどうぞよろしくお願いいたします。

心からの感謝を込めて
小池安雲

「2014年夢をつなぐ agumo’s candle week」
2014年1月6日から11日(18:00~24:00)
渋谷Gallery muさんにて開催。
私は毎日23:30くらいまで在廊予定です。
新年をあなたとご一緒に過ごせたら幸いです。
Barですが、お一人様でも超安心なお店ですので是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。
2014年夢をつなぐagumo's candle night