私はイヤーナンバーが2で、いまの時期のチャレンジも2です。

構成要素(誕生数の一部)にも2があるため、長年2と顔を突き合わせてきましたが、今年はイヤーナンバーなだけあって2に関する気づきがとても多いです。

2は他者を通じた視点の数字

講座では、2は「相手」の数字だというお話をします。
相手を思いやるとか、相手に喜ばれることをするとか、相手を気にするとか、相手に影響されるとか……
「他者」に関することにテーマがあります。

こういう話をすると、2は「相手のことを思う優しい数字」だと思う方が多いと思うのですが、もちろんそれは正しくもありつつそうでない場合もあります。
人は自分の人生をそれぞれ生きているので、「私が」「おれが」という自分視点(主観)で生きています。
その視点のポイントを変えて「相手はどう思うかな」「どうやったら通じるかな」という考えに及ぶのが2のエネルギーです。

それは自立をしていないというわけではなく、
「自分」+「他者」=生まれる何か
という視点でものを考えている、という捉え方が一番しっくりくるのかなと思います。
(もちろんこれは2のエネルギーが正常な状態だという前提で、バランスが狂うと依存や我慢になりますが)

「利他」の意味

【利他】他人に利益を与えること。自分の事よりも他人の幸福を願うこと。

利他の心とよく言いますが、私はハートナンバーが3なもので自己顕示欲が強いのです。
なので、ずーっと「他者の幸せ」と「自分の幸せ」の共通項が腑に落ちなかったのです。

今年になってようやく
自分の才能を生かして人の役に立つ=「他者の幸せ」と「自分の幸せ」の共通項
ということが体感できてきました。(遅い?)

何故体感できるようになってきたのかというと、逆説的ですが自分の好きなことをやってきたからだなと感じます。

自分の好きなことをして認められたい

ウケることとウケないことがある

それは何故だ!

どのようなことが人を幸せにするのか(求められているのか)

求められることをすると自分も嬉しい!

自分にできることで人に喜ばれて、自然に成功していきたい

「あれ? これって2のテーマだわ」

気づくまでのざっくりとした流れは上記のような感じです。
2番の今年にそのポイントをじっくりと見極めたら、来年の3で工夫を凝らしつつ実現していくのかなと思います。

同じ数字のバイオリズムでも、人の数だけ解釈のバリエーションがあります。
是非、ご自身でもバイオリズムを確認してみてくださいね!

講座申込・お問い合わせフォーム

直前のキャンセルにはキャンセル料がかかります。
ご予定が変更になった場合はすみやかにご連絡下さい。

■お名前 (必須)

■Name(必須) お名前ローマ字表記。パスポートやサインなど、普段使っている表記をご記入ください

■メールアドレス (必須)

■お電話番号(必須)※メールが届かない場合等の場合、お電話させていただくことがございます。

■お誕生日(必須)※西暦・月・日でご記入ください

■開催予定の講座・勉強会
3月30日 数秘術講師養成講座最終日4月2日・5日 数秘術マスターコース(旧)

■スタンダード講座のお申込み
リリ数秘術マスターコース(四講座)リリ数秘術講座誕生編リリ数秘術講座名前編リリ数秘術講座人生編リリ数秘術講座読み解き編リリ数秘術講師養成講座(マスターコース修了生向け)

■ご希望の受講スタイルをお選びください
対面講座Skype講座出張講座(出張の場合は、別途交通費がかかります)

■リクエスト日程申込可能日時。受講希望日にチェックを入れてください。複数選択可能です。 ※ご予約状況により下記日程は随時変わります。下記以外の日程は、時間により可能な場合があるのでお気軽にお問い合わせください。※3月20日以降のご予約は講座リニューアル後の内容です。
4月6日4月9日4月11日4月12日4月19日4月25日4月26日4月27日4月28日5月1日5月2日5月3日5月4日5月5日5月6日5月7日5月8日5月9日5月10日

■上記以外の日程リクエスト、その他のメッセージはこちらへご記載ください