シェアで気づくジュエルな自分。「ジュエルなカラーセラピーワークショップ」第一回開催しました!

高橋克さんと小池安雲のユニット「AMATO」(あぐもとまり、名前をくっつけました)、第一回目の主催イベント「ジュエルなカラーセラピーワークショップ」。

表参道の古民家素敵スペース「カフカの猫」さんで開催いたしました!

~感性のシェアで魂を磨く!~ジュエルなカラーセラピーワークショップ開催

自分のことを知って、頑張って自信をつけたはずなのに社会に出るとなんだか生きづらい…もっと輝きたいのに、いまいち抜けきれない。そんな方に来ていただきたい「心のジュ…

カフカの猫さんエントランス。猫のオブジェが可愛い。

ジュエルなカラーセラピーワークショップのリーフレット。自分が感じたこと、みんなからのシェアを書きこむためにご用意。
自分が感じたこと、みんなからのシェアを書きこむリーフレットをご用意。

絵が描けない、うまくない…とか関係ない!

このワークショップは「絵を描く」のではなくて「心のままに色やアイテムをキャンパスにのせていく」もの。

なんとなく描いたものが、あなたそのものを反映しています。

1枚目を書き終えたら、シェアタイム!

書き終えてみて、まずは自分が描いた作品を見てどう感じたか?をみなさんにシェア。

その後、参加者のみんなから、その絵を見てどんな印象を持ったかをそれぞれシェアしてもらいます。

自分とシェアとみんなのシェアが、それぞれ素晴らしかった…!

「言われてみればそうかも」

「たしかにいま、私はそういう時期です」

「まさにそういうことを思ってた!」

など、超ド級のセッションのような濃密シェアがどんどん出てくる。

感じたことを話す、それだけなのですが、それがとても深くて、みなさんの感性がまさに光り輝いていました。

一枚目のシェアを終えたら、二枚目に!

二枚目を描く前に、目を閉じてメディテーションタイム。
イメージと完成を膨らませます。

そしていざ、制作とシェア!

二枚目は「より自分が求めるものや姿」の作品が多かったです。

ここでも、みんなからのシェアが「うわー!!」という感じでそれぞれのハートにクリーンヒット。

この瞬間のみなさんから湧き上がる感性とイメージと感情は唯一無二のもので、まさに「その場にいないと感じられない」貴重な時間でした。

一枚目と二枚目をもって記念撮影!

右のお洒落アートが一枚目、左の花束が二枚目。服の色ともぴったりリンクしてるー!!
右のお洒落アートが一枚目、左の花束が二枚目。服の色ともぴったりリンクしてるー!!

右のピンクと水色のドット絵が一枚目、黒のドットが二枚目。ブラックカーニバルと呼ばれていました!風船もぴったり♪
右のピンクと水色のドット絵が一枚目、黒のドットが二枚目。ブラックカーニバルと呼ばれていました!風船もぴったり♪

赤いパフェのような左側の作品が一枚目、惑星が動いているような絶妙な色合いと形の右側が二枚目。力強い!
赤いパフェのような左側の作品が一枚目、惑星が動いているような絶妙な色合いと形の右側が二枚目。力強い!

グリーンの、思わず深呼吸したくなるような右側の絵が一枚目、優しくてフェミニンで可憐な左側の絵が二枚目。押し倒したくなる女のような絵だ、というシェア
グリーンの、思わず深呼吸したくなるような右側の絵が一枚目、優しくてフェミニンで可憐な左側の絵が二枚目。押し倒したくなる女のような絵だ、というシェア!

みんなで絵を持ってパチリ

どの作品も、それぞれの個性が出てるー!

ジュエルなカラーセラピーワークショップを終えてみて

タイトルと意図の通り、まさに「感性のシェアで魂を磨く!~ジュエルなカラーセラピーワークショップ」になりました!

  • 感性のシェアでみんなが磨き合い、たたえ合い
  • 心の奥底にある光を見出し、輝かせて
  • 自分のジュエルを見つけて
  • 描いた絵に再び癒される

まさにジュエルなカラーセラピー!

必要な場合は主催陣が色彩心理的なサポートをしようかなと思いつつ、みなさんの感性が素晴らしかったので引き出すだけで役割を果たせたなという気がしています。

参加者の方々は帰宅後、思いおもいにご自宅に絵を飾ったそうです。

みなさんからの感動のご感想が何より嬉しい!!

毎日の暮らしで、この日描いた作品を見つつ、そこに込められたメッセージを思い出してパワーアップしていただけたら良いなと願っています。

ご参加、誠にありがとうございました!!

このジュエルなカラーセラピーワークショップは、秋ごろの開催を予定しておりますが、
開催リクエストや招致も大歓迎です。

  • 感性を活かしたい、使ってみたい
  • 色彩心理(カラーセラピー)に興味がある
  • 癒しのアートを作ってみたい
  • 自分を見つめ直したい
  • 感想をシェアしあいたい(←これ、とっても重要です!!)

「やりたい!」という方、ご連絡お待ちしています。