リリ数秘術シェア会「以前とは変わった自分の価値感について」で気づいた、「積み木」の可能性

定期開催している「リリ数秘術オンラインシェア会」は、共感と気づきの宝庫

毎回、特定のテーマについて語り合う、オンライン数秘術シェア会。

今回のテーマは「以前とは変わった自分の価値感について」でした。

↓リリ数秘術ホームページに掲載した開催レポはこちら

昔と今。どんなことが変わってきた?

参加者の方々は、リリ数秘術をすでに学んでいるか、「おしごと数秘術」を読了済みか、数秘自体をある程度ご存じの方。

自分自身にフォーカスする経験を経ているからか、シェアの内容が

「以前は我慢したり、頑張ったり、結果を求めすぎていた」

「無理しなくていい、ワクワクすることに頑張れる、自分に必要なことが見えてきた、楽になってきた」

という方が圧倒的でした。

やはり、自分にちゃんと向き合うと、それだけ「良かった」という手応えが得られる人生になるんだなと感じます。

ヒーリングやスピリチュアル、コーチングでの「落とし穴」

なかでも、個人的に「あるある!」と思ったのが、

「心理学を学んだら、心の対処ができるようになり、苦しみに蓋をするのがうまくなってしまった」

というシェア。

妙なポジティブシンキングで苦しみを直視しなかったり、
ひどいことをされても「これも勉強、すべてに意味がある」と思ってしまったり。

たしかに一部はそういう側面もあるとは思いますが、それがすべてでもないんですよね。

物事は一面だけではない、というのはリリ数秘術でも何度もお伝えしている通りです。

じゃあ、どうするのか? どう数秘を読むのか?

というのが難しい部分でもあり、読み解きの醍醐味でもあります。

物事の捉えかたは、複合的に考える

同シェア会内で
「やってもいいし、やらなくてもいい。2面で考える」(by 2番さん)

という意見がありました。それも素晴らしい捉えかたです。

コンサルテーションやコーチングでも、

ご本人がやりたいこと / 周囲から求められること(ニーズ)

挑戦してみたいこと / 守りたいもの

など、対比で見ていきます。

人は、複合的な生き物なので「〇番だから○○!!」と断言することはできません。

人の性質の捉えかたは「積み木」が理想

話していて、ふと「積み木のように考えるといいよ」という言葉が自分から出てきました。

もっとも下の部分の土台が「自己受容」「絶対的な愛」。

その上に、「やりたいこと」「生きていくためのこと」「求められること」「自分から与えられること」「最低限必要なこと」「魂が求めるもの」などの積み木が積まれていく。

その組み合わせを経て、自分なりに組んだ形が「わたし」のバランスになる。

積み木は、同じパーツを使っていても、積み方によって全く異なるかたちになります。

さらに、その積み方によって危くなったり、強固になったりする。

それがいわば、「同じ数秘を持っているのに違う性格」になる所以です。

このシェア会があったことで、3つの大きな言語化ができました。

リリ数秘術における、数秘の大事なポイント3つ

  1. 数字の意味には二面性がある(元の意味に良し悪しはなく、逆に言えば使い方次第でひかりにもかげにもなる)
  2. 人はさまざまな数秘の集合体であり、その組み合わせや角度(ひかりとかげ)によって個性的なかたちになっている
  3. 積み木のパーツを見て、現在がどのような組み合わせになっているのかを示し・ほかにどのような組み合わせが考えられるのか?をサポートするのがコンサルテーション

結局は…バランスが大切

どんなにいびつな形であっても、全体のバランスが取れていれば崩れることはない。

そういう意味での「個々に最適なバランス」を知るためのヒントになるのが数秘であり、
数秘を知って自分なりの形を探求していくのが人生なのかな、と思います。

話すと気づきにつながる! シェアの必要性

数秘を知っている人たちで、気づきについて語り合うシェア会は、とても大きな発見の可能性を秘めています。

お互いの数秘を知りながら話すことでも、「〇番ってこういう感じなんだ」という発見があっていいんですよね。

よく、「数秘を学んだものの、実践してないから忘れた」というお声を聞きますが
そういう方こそ是非シェア会に参加していただきたいと思います。

リリ数秘術オンラインシェア会は、メルマガ読者の方は無料で参加できます。

ぜひ奮ってご参加下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください